【陶こども園】綾川町こども園魅力紹介

2020年9月15日

【9月】

 

色水遊びでは、子ども達はクレープ紙の入ったペットボトルを振って、水がクレープ紙と同じ赤や緑に色づいていく様子に目を輝かせていました。

 

もう一度やってみたり、友達や保育者に見せたりするなど、色水づくりに夢中になっていました。

 

また、たらいの中で石鹸を泡立て、洗濯ごっこがはじまると、匂いを嗅いだり、ふわふわの泡を集めて手に取ると感触を確かめたりしながら、遊びを楽しんでいました。

 

夏野菜を使ったスタンプ遊びでは野菜の手触りや匂いから手を引っ込める姿もありました。

 

野菜の切り口に絵の具をつけて画用紙に押すと、オクラの星の形やピーマンの花のような形、ゴーヤの丸い形などができあがり、

 

子ども達はスタンプする度にできる夏野菜のおもしろい形を楽しみました。

 

IMG_0286.JPGIMG_0279.JPG

IMG_0301.JPG

 

 

 

 

 

 

【8月】

 

7月22日(水)に年長児の親子を対象とした夕涼み会を行いました。

 

5歳児の子ども達は数週間前からみんなで宇宙、夜の海、夜の街をテーマに共同制作をしました。

 

当日、親子で一緒に見てまわるなかで、お家の人に作品の名前を伝えたり工夫したところを話したりしながら会話がはずんでいました。

 

ふれあい遊びのコーナーでは、タオルつなひきやしゃがみ相撲など、親子で力くらべやゲームを楽しみました。

 

保護者会役員の方も、的あての作成やコーナーの担当として協力してくださるなど、

 

園内ではいろいろなお楽しみのコーナーができ、親子のふれあいを楽しんでいました。

 

 

IMG_0120.JPGIMG_0136.JPG

 

IMG_0122.JPG

 

 

 

【7月】

 

陶こども園では、綾川町子育て支援事業として5歳児を対象に外部講師の指導による「芸術」に取り組んでいます。

 

7月は子どもたちが大好きな「さんぽ」がテーマでした。

 

ダンボール紙に自分が実際に歩いて見たものや感じたことを描いたり、こんなさんぽをしたいなという思いを膨らませたりしながら、

 

油性ペンや絵の具を使って表現活動を楽しみました。

 

 

DSCF1022.JPGDSCF1024.JPG

 

DSCF1036.JPGP1290863.JPG

 

関連ワード

お問い合わせ

子育て支援課
電話:087-876-6510