大規模災害が発生した場合のごみの出し方について

2020年10月1日

 地震災害や豪雨災害、台風災害等の大規模災害が発生した場合のごみの出し方についてお知らせします。適切なごみ出しがスムーズなごみ処理に繋がりますので、災害発生時には以下の事項をよく読みごみを出すようお願いします。

 

 

〇ごみステーションにおける通常収集

 

 発生した大規模災害の規模によって変動しますが、発生後当面の間は収集不可能となる可能性があります。

 

 

〇災害により発生したごみの捨て方

 

 災害発生後、数日以内に仮置場を開設する予定であるため、開設後の仮置場へごみを運び込んでもらうことになります。なお仮置場内は、スペースを区切りごみを分別区分ごとに分けて並べられるように設営しますので、分別にご協力ください。

 

 

〇仮置場の開設場所

 

 開設場所は道路の状況や発生するごみの量を考慮して選定します。

 

 

〇仮置場開設情報の周知方法

 

 開設場所を選定後、広報誌、ホームページ、防災無線、避難所への掲示等により周知します。

 

 

〇仮置場におけるごみの分別区分

 

 仮置場に運び込まれたごみは、下表のように区分されます。ただし、災害の種類や規模、発生からの経過時間によっては、分別品目を変更あるいは細分化する場合があります。

 

有害廃棄物等

家電製品        

畳・タイヤ等
コンクリートがら 金属くず 木質系廃棄物
ガラス・陶磁器類 可燃物 混合廃棄物
不燃物

 

関連ワード

お問い合わせ

住民生活課
電話:087-876-1114