国民健康保険税について

2018年10月1日

国民健康保険税について

 

平成30年度国民健康保険税の税率等について


 被保険者間の保険税負担の公平性を保つため、また、中低所得層の保険税負担の軽減を図るため、平成30年度から国民健康保険税の税率、課税限度額及び軽減判定所得の基準を見直すこととなりました。また、平成30年度からは国民健康保険事業を都道府県と市町村が共同で運営(広域化)することとなり、保険税負担の平準化が図られます。これを踏まえ、資産割を廃止し、所得割、均等割および平等割の3方式に変更になりました。
 詳細については下表のとおりですので、加入者の皆様には国民健康保険制度の趣旨をご理解いただき、ご協力をお願いします。


 

 


医療分
 

後期高齢者支援金分 介護分

所得割

 

課税所得×7.70%

 

課税所得×2.40% 課税所得×2.30%
資産割

 

平成30年度から廃止いたしました。
 

均等割

 

加入者数×28,000円

 

加入者数×10,000円 加入者数×10,000円
平等割

 

一世帯につき 27,000円

 

一世帯につき 8,000円 一世帯につき 8,000円
限度額

 

580,000円

 

190,000円 160,000円

※ 所得割の課税所得は、各被保険者の総所得金額から基礎控除額33万円を引いた額を合計した金額です。



 

非自発的に失業して65歳未満の人の軽減措置

非自発的理由(倒産、解雇、雇い止めなど)で失業した人の保険税は、前年度の給与所得を30%として算出します。この軽減制度を受けるためには申請が必要です。保険年金課または綾上支所までお越しください。

 

 

国民健康保険税(均等割・平等割)の軽減制度 

前年中(1月1日から12月31日)の所得が軽減判定基準額以下の世帯を対象に、国民健康保険税の一部を減額する制度があります。

 

 

後期高齢者医療制度移行に伴う経過措置について

後期高齢者医療制度に移行する人がいることにより、国保被保険者が一人の世帯になるときは、保険税の平等割賦課分を最初の5年間2分の1減額し、その後3年間4分の1減額します。

 

 

国民健康保険税の納付方法について


 

国民健康保険税の納め方は、年齢によって異なります。


 

40歳未満の人は、医療保険分と後期高齢者支援金分を合わせて、国保の保険税として納めます。介護保険分の負担はありません。

年度の途中で40歳になるときは、40歳の誕生日のある月(1日が誕生日の人はその前月)の分から介護保険分を納めます。


 

40歳以上65歳未満の人(介護保険の第2号被保険者)は、医療保険分、後期高齢者支援金分、介護保険分を合わせて、国保の保険税として納めます。

年度の途中で65歳になるときは、65歳になる前月(1日が誕生日の人はその前々月)までの介護保険分を計算し、国保の保険税として年度末までの納期に分けて納めます。


 

65歳以上75歳未満の人(介護保険の第1号被保険者)は、医療保険分と後期高齢者支援金分を合わせて、国保の保険税として納めます。

介護保険料は別に納めます。国保被保険者全員が65歳以上75歳未満の世帯の保険税は、世帯主の年金から天引きされます(特別徴収)。

ただし、世帯主が国保被保険者以外の場合や、年金が年額18万円未満の場合、介護保険料の天引きと合わせた額が年金額の2分の1を超える世帯は、個別に保険税を納めます(普通徴収)。

 

※ 年金から天引きとなる人でも、原則として口座振替に変更が可能です。


 

国民健康保険税の納付について


  国民健康保険では、一人ひとりが被保険者となりますが、加入は世帯ごとになります。保険税の納付も世帯ごとで、納付の義務は世帯主にあります。また、世帯主自身が他の健康保険に加入している場合でも、納税義務者は世帯主(擬制世帯主)であり、納税通知書は世帯主あてに送られてきます。

 
 納付方法として「普通徴収」と「特別徴収(年金天引き)」があります。


普通徴収


 年税額を8回に分割し、7月から翌年2月までの各月の納期に納めていただく納付方法です。7月初めに送付する納税通知書で納税義務者に納付額と納期等をお知らせします。
 

 


納付方法
 

取扱金融機関等 納期・振替日等 納付方法 備考

 

窓口納付

 

綾川町役場会計室・綾上支所、香川県農協、百十四銀行、香川銀行、高松信用金庫、ゆうちょ銀行・郵便局、コンビニエンスストア*1

納期限は各納期の月末
(町の休日と重なる場合は、その翌営業日が納期限となります)*2

納税通知書に同封の納付書で、窓口にて納付してください。

 

 

口座振替

(全期前納)

 

香川県農協、百十四銀行、香川銀行、高松信用金庫、ゆうちょ銀行・郵便局

振替日は7月13日
(町の休日と重なる場合は、その前営業日が振替日となります)

指定された口座から、振替によって納付されます。

振替できなかった場合は、期別納付へ切り替わります。

 

口座振替

(期別納付)

 

振替日は各納期の納期限日
(町の休日と重なる場合は、その翌営業日が振替日となります)
振替できなかった場合は、納付書で納付してください。

 *1 ゆうちょ銀行・郵便局、コンビニエンスストアでは、納期限を過ぎた納付書は取り扱いできません。
 *2 町の休日とは、土・日・祝日と12月29日から翌年の1月3日までの日です。
 

 


特別徴収


 年6回の年金支給月に、世帯主に支給される年金の中から、天引きで納めていただく方法です。 

 

  


特別徴収の状況
 
徴収月・納期と徴収・納付の方法
前年度から継続 4月・6月・8月
前年度の2月分と同額を継続して年金から天引きします。(仮徴収)

10月・12月・2月
年税額から仮徴収の合計額を差し引いた額を3回に分割して年金から天引きします。

新規 4月
開始
4月・6月・8月
前年度の年税額の2分の1相当額を3回に分割して年金から天引きします。(仮徴収)
10月・12月・2月
年税額から左記の合計額を差し引いた額を3回に分割して年金から天引きします。
10月
開始
7月・8月・9月
年税額の2分の1相当額を3回に分割して普通徴収で納付していただきます。

 



 

保険税の納付は口座振替をおすすめします。口座振替の用紙は税務課窓口に備えています。納付方法を口座振替に変更するときは納税通知書、預金通帳、通帳届出印を持って町指定の金融機関で届出をしてください。


 

町指定の金融機関

  • 百十四銀行
  • 香川銀行
  • 香川県農業協同組合
  • ゆうちょ銀行
  • 高松信用金庫

 

 

 

 

お問い合わせ 

 

国保税の試算、口座振替、均等割と平等割の軽減制度などに関すること

 

税務課 087-876-5284  

 

 

 

非自発的失業者の国保税額の軽減に関すること

 

保険年金課 087-876-1593